飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

AA おすすめ 日常 米国

子連れ旅行 American航空でロサンゼルスへ

投稿日:

17年の年末休みを利用して子連れ(8歳と2歳)でロサンゼルスまで行ってきました。

今回利用したのはアメリカン航空(AA)。何といっても特典航空券でも燃油サーチャージが必要ないのは本当に助かりました。

今まで家族旅行で利用したことがあるのはJAL、CXのみ。両社とも子連れの搭乗者には十分なケアをしてくれて、特段問題なく利用する事ができました。

世界最大規模の航空会社であるアメリカン航空で子供連れでロサンゼルスまで、今回はその搭乗体験についてシェアしたいと思います。

チェックインから搭乗まで

まず往路は成田からLAXまでのAA170便。

チェックイン時にベビーカーは預ける必要はなく、ゲートで預ける運用でした。

ゲートで待っている際にベビーカーを預け、子連れなので優先的に搭乗させてもらいます。

AAでは搭乗順をグループで厳密に分けており、ボーディングパスにもきちんと明記されています。

ちなみに自分はワンワールドEmerald、かみさんはSappireなのですが、各々グループ2、グループ3と区別されていました。子供達の搭乗券にはグループ6と最下位にカテゴライズ。

とは言え搭乗時には地上係員からグループ1の最後に搭乗するよう促されましたね。

機内にて

AAでは子供連れのサービスは特に行われていません。

機内食もしかり。大人と一緒です。

赤ちゃん、離乳食時であれば、普段から食べ慣れたものを事前に準備していると思います。

自分たちは念のため、コンビニでおにぎり、菓子パンを数種類持ち込みました。

往路での機内食はこんな感じ。


1食目。豚キムチ。


1食目。ホワイトソースペンネパスタ。


2食目。フレンチトースト。


2食目。鮭弁。

ちなみに子供達はほとんど食べず。付いていたお菓子ばかり食べていた印象です。

AA便ではドリンクサービスを頻繁的に行ってくれるので、飲み物に関する不自由は全くありません。合わせてサービスの合間にはギャレーに飲み物とお菓子も完備されているので、小腹が空いても問題なし。

持ち込んだ食事も余ってしまい、機内で廃棄する有様。

CAさんも子供だからと行って、特段気を使うこともなく平常運転でしたね。

スポンサーリンク

今回新たに持ち込んだのは、フットレスト用クッション。

by カエレバ

 

これを座席下に置く事で、座面とフラットになります。これのおかげで2歳の娘はフラットの状態で寝る事が出来たのは便利でした。

8歳の息子にはこちらのフットレストを用意。

by カエレバ

 

足が届かない子供にはフットレストは必須ですね。

機内エンターテイメント

機材が最新の777-200だったおかげで、エンターテイメントも日本語コンテンツは豊富でした。子供向けはディズニーをメインに20作品以上ありました。

困ったのはイヤホンがイヤープラグ型なので、子供の耳に合わなかった点。

端子は3.5mmの一穴だったので、普段使ってるヘッドホンがあれば持ち込む事をオススメします。

AA便は有料機内Wifi完備しているので、息子はネットサーフィンしたりもしていました。

機内Wifiの価格はUS$19ですが、これはもう必要経費でみておいた方がストレスないかなと思います。

あとはAmazon プライムビデオからタブレットに子供番組をダウンロードしておくことで、間を持たせました。

LAX Terminal 4到着

ゲートで預けたベビーカーは、到着時には飛行機でて直ぐブリッジ内で受け取ります。

結構ベビーカー受け取りに時間がかかるので、最後に降機するくらいのタイミングで十分。この時間を利用して子供にはトイレに行かせておいた方がよいかと。

やはり降機してから入国審査で時間はかかるので、列に並ぶ前には子供のトイレは済ませておきたいですね。

ちなみに入国審査では子連れへの優先レーン等はありません。(係員の気分次第?)

ちなみに子供達も過去ESTAを利用して入国した実績があったので、自動入国審査(APC)の利用も問題なくできました。

LAX 出発復路便

帰国時もLAX Terminal 4から。

ワンワールドEmerald会員はFlagship Checkin を利用できますので、カーブサイドから直接入場。

セキュリティまでエスコート付きで、優先的にセキュリティレーンまで。これは助かります。

Terminal 4はAA専用ターミナルで国内線と兼ねているので、免税店は特になし。

免税品を購入したいのであれば、Terminal Bまで歩いて行かないとならないので要注意。

復路も同様ベビーカーはゲートで預けて、成田のブリッジで受け取る流れでした。

ちなみに復路での機内食はこんな内容です。


1食目。ビーフで出てきたチャーハン。


1食目。クリームチキン。


2食目。味のないヌードル。


2食目。キッシュ。

まとめ

子連れに対して特別なサービスは提供していないAmerican航空。

だからといって特段不便な事もなく、家族4人快適に過ごす事ができたと思います。

ポイントは

1. 食べ慣れた軽食の持ち込み
2. タブレットに子供番組をダウンロード
3. 子供用ヘッドホンの持ち込み
4. フットレストの準備

気になるのは食事ですが、子供は食べ慣れないメニューはあまり食べたがらないもの。考えた方は様々ですが、乗る前にできるだけ食べておくのが1番ストレスがないかと思います。

機内エンターテイメントも豊富ですし、有料ですがWifiも完備しているし、運賃は安いしでAmerican航空でのアメリカ家族旅行、おススメですよ。


おすすめ記事

-AA, おすすめ, 日常, 米国

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.