飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

クレジットカード 飛行機

アメックススカイトラベラーカードで遅延費用保険請求 必要書類編

投稿日:2014/04/15 更新日:

前回の続きです。

先日の帰国時欧州発便の出発が4時間遅れたため、乗継便に間に合わない事態が発生しました。アメリカンエキスプレスのスカイトラベラーカードには乗継遅延補償の海外旅行保険が付帯されており、今回初めて保険を利用してみました。

電話で保険申請を行った所、申請書類の案内が郵送されてきます。

必要書類

今回請求する海外旅行保険は乗り継ぎ時の遅延補償になります。このケースで必要な書類は

  • 保険金請求書(同封)
  • パスポートのコピー
  • スカイトラベラーカードで公共交通機関の決済を証明する書類のコピー
  • 航空会社発行の遅延証明書、原本
  • 航空機遅延時に支出した食事代の領収書、原本

加えて自動化ゲートを利用しているので搭乗券半券等が必要になりました。このあたりは電話で事前に伺っていたので準備は万端。念のために航空会社発行の搭乗証明も予め取り寄せておきました。

20140410130943244_0001

20140410131100440_0001

注意事項

今回の保険適用にあたり、最大の勘違いは保険対応ができるのはあくまでスカイトラベラーカードで日本発の航空券を購入した場合に限る点でした。すっかりこの遅延補償は自動付帯と勝手に勘違いしておりましたので、ここで訂正させて頂きます。

あと入手が面倒なのは航空会社発行の遅延証明書の原本でしょうか。今回はたまたまカウンターに準備されていたので入手は比較的容易だったのはラッキーだったかと。

書類送付後

上記書類をそろえ、同封封筒で返信したところ、翌営業日夕方には保険会社から電話がありました。最終的に利用した食事代約4,000円分はこの日のレート換算で1週間後に振り込まれるとの事。

今後の事もあるので色々質問してみたところ、

  • あくまで補償対象はカード会員1名分のみ
  • 限度額は2万円だが、常識的範疇での食事代に限る
  • この補償は一事故に対し2万円の補償

例えば乗り継ぎ時間が10時間遅れた場合は2回の食事代が2万円を限度補償されるようです。2万円の限度額があるからといって数名分の食事代を一括して決済しても、あくまで対象は会員本人分となるので要注意。

まとめ

今回生まれて初めて海外旅行保険を利用しました。予想以上にスムーズなやり取りで、最初の電話から約2週間で処理が完了しそうです。海外滞在中にあまり怪我等する事はないものの、飛行機遅延によるトラブルは避けられなく、かつ発生頻度も高いのでこの保険は本当に助かります。

利用付帯ではありますが、高頻度に海外へ行く方にはぜひともオススメできる補償内容です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード


おすすめ記事

-クレジットカード, 飛行機

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.