飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

おすすめ クレジットカード

【PR】ANAアメリカン・エキスプレスで那覇行特典航空券をゲット〈15年4月30日まで〉

投稿日:2015/02/18 更新日:

先日アメックスからキャンペーンのお知らせが来たのでお知らです。 今回ご紹介するのはいつものアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードではなく、ANAアメリカン・エキスプレス・カードになります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードとは?

その名の通り、アメックスが発行するANAに特化したカードになります。ANAをよく利用する方にはマイルがお得にたまるカードになっています。

このカードには一般とゴールドと2種類あり、年会費と特典が異なります。 年会費は一般カードで7,000円+税、ゴールドで31,000円+税。

今回のキャンペーンではよりお得感のある一般カードをご紹介。

なお一般カードの場合、100円利用で1ポイント、1,000ポイントから1,000マイルに移行可能。ただマイルに移行するには「ポイント移行コース」(参加費6,000円+消費税/年間・自動更新)への登録が必要になるので、ある程度纏めて移行する方がよさそうです。

ANAでの利用(航空券購入や機内販売)時には100円で1.5ポイントと増額となり、フライトボーナスとして飛行時加算マイルの10%が付与されます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード 最大30,000ポイントキャンペーン

今回のキャンペーンでは2つハードルが設定されており、手放しで30,000ポイントが得られるわけではないので要注意。

その2つのハードルとは、
1.入会後3か月で50万円分利用すると達成ボーナスで6,000ポイント
2.入会後1か月は50万円まで100円=3ポイントへ増額。最大15,000ポイント

このほかに入会特典で1,000ポイントと、ウェブサイトからの入会で8,000ポイントが付与されます。

つまりこれらを合わせて年会費7,000円とポイント移行コース6,000円の合計13,000円+税で最大30,000ポイント=30,000マイルがゲットできるというモノです。

とは言え1か月に50万円使用するのは結構ハードルが高いかと。

仮に20万円を利用した場合で6,000ポイント。残り2か月で50万円使用の残り30万円分を利用して3,000ポイント。

この場合で計算すると24,000ポイントはゲットできますね。

あと4,000ポイント、40万円を利用して28,000ポイントまでなればLシーズンではあるけれども東京―沖縄2名分の特典航空券に代える事が可能に。

海外だと24,000ポイント分あれば東京―香港1名分、60万円利用で合計30,000ポイントまでたまれば東京―シンガポール1名分に相当するマイルになります。

アメックスとしての機能

もちろんアメリカン・エキスプレス・カードですので、基本的なサービスは付帯しています。

  • 海外傷害保険(利用付帯)
  • 海外から帰国時、スーツケース1つ宅配無料
  • アメックス指定空港ラウンジ利用(ANAラウンジではないので要注意)
  • オンライプロテクション
  • ショッピングプロテクション



航空便遅延費用補償はない点がアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードと異なります。

まとめ

ANAでマイルを貯めている方にはある程度メリットのあるキャンペーンかと。日系はマイルを購入する事ができないので、必要なマイル数に達成するために今回のキャンペーンを活用するのも考え方の一つかと思います。 ANAアメリカン・エキスプレス・カード


おすすめ記事

-おすすめ, クレジットカード

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.