飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

おすすめ スタアラ 欧州

ANA SFCはEurowingsでもラウンジ使えます

投稿日:2017/03/30 更新日:

ルフトハンザドイツ航空は欧州域内の短距離路線については子会社のEurowingsに移管を進めています。

ただこのEurowingsはルフトハンザドイツ航空の子会社であるものの、スターアライアンス加盟会社ではないので、いわゆるスターアライアンス ゴールドメンバーとしてのメリットを享受する事が出来ませんでした。

当時はルフトハンザドイツ航空が運営するFFPプログラム、Miles & Moreの上級会員でないとラウンジ利用等はNGでした。先日ANA SFCカードが届いた際に小冊子を確認したところ、Eurowingsでもプレミアムメンバー対象の空港サービスが開始されたことを確認。久しぶりにEurowingsを利用する機会があったので実体験できました。

このリリースによるとすでに2015年10月25日からEurowingsとマイレージサービス提携を開始しておりました。

チェックインカウンター

この日はドイツ シュツットガルトからイタリア ミラノまでのEurowings便を利用。 ANA SFCカードを持ってチェックイン。いたって普通に受付開始してもらえました。

ただ機内持ち込み手荷物の制限は厳格なため、重量8㎏以下にするようスケールでの確認あり。このときは紙のカタログを入れており10㎏でNG。カタログをスーツケースに移し8㎏以下にして無事搭乗。(預入荷物はSMART運賃であれば1個23㎏までOK)

スポンサーリンク

優先セキュリティー

シュツットガルト空港はビジネスクラス、上級会員用優先セキュリティーレーンが設けられていますが、問題なく利用可能でした。

ただ帰りのミラノ マルペンサ空港では優先レーンは利用できず。どうも事前チェックイン時にダウンロードしたパスブックにはANAの番号が登録されていなかったのが原因の模様。やはりチェックイン時には紙のボーディングパスを発行してもらったほうが間違いなさそうです。ちなみに優先レーンの人からの「Eurowingsはスターアライアンスではないから利用できない」、とくどいほど言われる事も。

ラウンジ

特にチェックインの際にラウンジに関する案内はなかったので自分でルフトハンザラウンジへ突撃。

係の人がまたまた「Eurowingsはスターアライアンスではないから入場できない」、と言われましたが再確認してもらい、最終的には入場OKに。その際はスターアライアンスゴールドと同じ扱いでセネターラウンジに案内されました。

優先搭乗

この日はバスでの搭乗だったので特に優先搭乗する必要もなく搭乗開始。個人的には不具合ありません。

まとめ

Eurowingsはスターアライアンス加盟会社でないため、残念ながらこのANAとの提携に関する認知度はまだ低いなと実感しました。

係員によっては「Eurowingsはスターアライアンスではないので、SFCは使えない」と言い切る方もおり、すでに1年以上経過しているこのANAとの提携の周知徹底があまりなされていない様子です。

とは言え正式に提携を結んでありますので、サービスを拒否されるような事があれば先方にダブルチェックをしてもらうよう言うべきですね。

個人的にはルフトハンザ航空が欧州域内路線をEurowingsへ移行しているので、この提携は非常にありがたい内容です。今後も上手くEurowingsを活用して、快適な欧州移動をこなしていきたいと思います。


おすすめ記事

-おすすめ, スタアラ, 欧州

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.