飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

おすすめ 日常 米国

カリフォルニアディズニーリゾート MaxPassは子連れにおススメ

投稿日:2018/01/09 更新日:

年末の休みを利用してカリフォルニア ディズニーリゾートに家族4人で遊びに行ってきました。

クリスマス明けの年末時期だったため、多くの観光客が休暇を利用してディズニーリゾートに訪れていました。

夕方前のピーク時間には歩くのもままならない程混雑しており、人気アトラクションでは最大3時間待ちに。

今回初めてカリフォルニアディズニーリゾートを訪れたのですが、Maxpassを活用する事で子連れでも効率的に楽しむ事ができたので、この体験についてシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

Maxpassとは?

カリフォルニアディズニーリゾートが提供する有償のパスになります。

各人US$10/日を支払う事で

  • アプリでFastpassを発行できる
  • PhotoPassの付与

この2つの特典は非常に使い勝手がよく、とても便利でした。

ただ大前提としてDisneylandの公式アプリをスマートフォンにダウンロードし、ディズニーアカウントを登録する必要があります。

詳しいダウンロード、インストール手順は下記のサイトをご参照ください。

チケット購入

今回は家族4人、大人2名、子供8歳と2歳での訪問でした。事前にMicky Netでチケットを購入しておけば、幾分か値引きされるのは分かっていたのですが、子連れの場合何が起こるか直前まで分からないので、確実に訪問できると判断した当日朝にアプリからチケットを購入する事にしました。

選んだのはMaxpass付き、パークホッパーなし、2日券です。

これで大人2名+子供1名、合計US$645となります。(子供は3歳から有料)

アプリでクレジットカードを登録してそのまま決済完了。ちなみにアメックスでは登録できずで、マスターカードで登録し、決済完了。

アプリで決済した後、バーコードが画面に表示されます。これを入場ゲートでかざす事で紙のチケットが発券される仕組みです。チケットブースには立ち寄る必要はありません。

ゲートで紙チケット発券後、キャストが持っている端末で顔写真を撮影してもらい、チケット裏に名前を書いてから入場となります。

スポンサーリンク

Photo Pass

初日はカーズランドがあるCalifornia Disneylandへ行ってみる事に。

入場してすぐのところ、Buena Vista Streetでミッキーマウスがグリーティングしています。

ここにカメラマンに撮影してもらったあと、アプリに表示されているQRコードを見せてスキャンしてもらって完了。

数十分でアプリ上に先ほど撮影してもらった写真が表示され、アプリからスマートフォンにダウンロードできるようになります。

アプリには写真の切り取り、フィルター、ステッカー、写真枠の機能がありますので、カスタマイズして楽しむ事もできるようになっています。

もちろんライドショットともリンクできるようになっており、アトラクション後に表示される番号をアプリに入力する事で、これもダウンロードできるように。

家族連れだと中々全員での記念写真は撮りにくいものですが、このPhoto Magicのお陰で集合写真の撮影が非常に気軽になりますよ。

Fastpass発券機能

通常Fastpassは各アトラクション近くにある発券機で入手する必要があります。しかしこのMax Passを購入していればアプリ上でFastpassを気軽に発券できます。

まずは入場しないとその機能が使え無い様になっています。ちなみにDowntown Disneyのモノレール乗り場で入場た時点で、Fastpassは発券可能になっていました。

2パークのFastpassは連動しているので、どこからでもFastpassを発券する事ができるのは本当に楽でした。アプリ上でスタンバイとの時間を比較できるのも、有難かったです。

スポンサーリンク

使い方はとても簡単。

利用したい人数を選択、パークを選び、対象アトラクションを選んで、Fastpass利用時間を確認しておしまい。

指定された時間にFastpassのゲートでチケットをかざせば問題なく入場する事が出来ます。

一度発券した後、次回の発券タイミングは画面上に表示されていますので、その時間丁度から発券可能になります。朝一から次々に発券していけば、おそらく一日で全てのFastpassを発券できると思います。

合わせて小さな子供連れで、下の子の身長が満たない場合だとRider Switchも活用しやすいですね。

我が家のケースだと自分と息子がFastpassで利用。その際キャストにRider Switchを利用したい旨を伝えます。

すると奥さんのチケットにRider Switch=Fastpassが使えるようにチケットに登録してもらいます。

父と息子がアトラクションを楽しんだ後、今度は奥さんと息子(2回目)がFastpassレーンで利用できる流れでした。

レストラン予約

あとアプリ経由で簡単にレストランの予約もできるのも便利。

人数を選び、利用日、時間帯を選択すると、各レストランで空いている時間帯が表示されるので、希望する時間を選んでおしまい。

最後にクレジットカードを登録する必要があります。キャンセルする場合は前日までに。もしこれを超えたり、無断キャンセルとなった場合は一人US$10チャージされるので要注意。

まとめ

家族4人だとUS$10x4で追加でUS$40必要になりますが、歩くことなくFastpassを発券できる事、家族全員での記念写真を気軽に撮影してもらえるのは本当にありがたかったですね。

長期間滞在だとそれなりに費用がかかるので、スケジュールに合わせて上手く活用できればと思います。(紙のチケットだと入場後にアプリ経由で後付けでMaxpassを付与できます)

あと非常に大事なのはアプリをダウンロードするスマホの通信を確保しておくこと。パーク内のWifiでは機動性が失われます。

おススメはSIMフリーのiPhoneにこのSIMを利用してのローミングです。14日で4GB利用できるので、短期滞在中であれば容量気にすることなくネット接続できます。

もしくは短期間での利用であれば、3キャリアのローミングをそのまま利用するのもアリですね。docomoだとキャンペーンで980円で24時間使い放題で利用できますし。

アプリのインストールはちょっとハードル高いですが、上手くMaxpassを活用する事で効率良くアトラクションを楽しめますよ。


おすすめ記事

-おすすめ, 日常, 米国

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.