飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

キャセイ

キャセイ航空、入札アップグレード再開

投稿日:2017/07/18 更新日:

昨年度から業績が芳しくないとの噂のキャセイパシフィック航空。

16年4月からマルコポーロクラブを改定してからと言うもの、自分も利用頻度が激減しています。そんなさなか3年前に導入を検討していた、入札型の座席アップグレードを17年7月17日から開始したと案内がありました。

簡単に言うとエコノミー席を購入していても、事前に入札する事で一つ上のクラスを購入できるかもしれないと言うもの。もちろん入札額が高ければ高いほど、購入できる可能性が高まります。

スポンサーリンク

対象路線

開始当時の対象路線は

長距離

  • アデレード
  • ブリスベン
  • アムステルダム
  • ローマ
  • シカゴ

中距離

  • コロンボ
  • デンパサール
  • ドバイ
  • カトマンズ

アジア近距離

  • バンコク
  • セブ
  • チェンマイ
  • ソウル

対象路線はこれから増えていくそうです。面白い?のは中国、インド発券は「技術的な理由」で対象外になるようです。

ソウル行の場合

たまたまこのタイミングで香港⇔ソウルのエコノミーSクラスのチケットを持っていたので、実際に入札できるか試してみました。

CX434 エコ>ビジ

予約検索をしてみたところ、この便は2クラス制の33Kの模様。PYがないのでエコから直接Cへ入札できるようです。

気になる金額はHKD4,500+税~HKD9,000+税。日本円で約7万円~13.5万円。

うーん、正直微妙。長距離線の所謂シラスではありますが、ビジとは言え朝食であれば食事も楽しめるわけでもなく。お酒も飲めないしねぇ。自分はこの値段は出せません...

CX415 エコ>プレエコ

ソウル発は3クラス制の長距離用33Kのようでエコからプレエコへの入札になりました。

こちらの金額はHKD1,200+税~HKD2,400+税。日本円で約2万円~4万円。

もし欧州等の長距離線でこの価格であれば積極的に狙っていきたいですね~。ただCXの近距離アジアのPYは椅子しか差がないので、椅子代にこの金額を払う価値はないかなと感じます。

結論

今回のソウル行については入札に参加する事は控えました。

近距離アジアに関していえば、もともと乗っている時間が短いので、わざわざ上級クラスを後から購入する必要があるのかが疑問です。距離が近いから価格優先で選ぶケースがほとんどじゃないかなとも。

ただ長距離線での価格設定が気になります。自分のようにエコ専門だと、プラス2万円でPYが購入できるかもしれないのであれば、ガンガン入札したいと思います。ただ仮にアップグレードが成功しても、マイル等は最初に購入していたクラスに基づくとの事。プラスアルファでは付与されないの点は要注意です。


おすすめ記事

-キャセイ

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.