飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

おすすめ キャセイ

キャセイホリデーでオールアジアパスを購入してみた (15年4月現在)

投稿日:2015/04/01 更新日:

今回のアジア出張はタイ、シンガポール、韓国とちょっと変則的な行程に。

そこでキャセイホリデーが発売しているオールアジアパスを利用してみる事にしました。

2015年4月追記

オールアジアパスとは?

キャセイパシフィック航空の子会社、キャセイホリデージャパンが販売しているアジア域内周遊型航空券となります。ここで言うアジアとは東アジア+ASEAN域内+南アジアとなり、利用できる都市はキャセイパシフィック航空並びにドラゴン航空が就航している都市。具体的には下記の都市となります。

東南アジア
バンコク(BKK) ・ プーケット(HKT) ・ チェンマイ(CNX) ・ シンガポール(SIN) ・ クアラルンプール(KUL) ・ ペナン(PEN) ・ コタキナバル(BKI) ・ ジャカルタ(CGK) ・ デンパサール(DPS) ・ スラバヤ(SUB) ・ マニラ(MNL) ・ クラーク(CRK) ・ セブ(CEB) ・ ホーチミン(SGN) ・ ハノイ(HAN) ・ ダナン(DAD) ・ プノンペン(PNH) ・ シェムリアップ(REP) ・ ヤンゴン(RGN)

東アジア
北京(PEK) ・ 廈門(XMN) ・ 上海(浦東)(PVG) ・ 上海(虹橋)(SHA) ・ 三亜(SYX) ・ 昆明(KMG) ・ 広州(CAN) ・ 福州(FOC) ・ 成都(CTU) ・ 桂林(KWL) ・ 青島(TAO) ・ ソウル(仁川)(ICN) ・ 釜山(PUS)

台湾
台北(TPE) ・ 高雄(KHH) ・ 台中(TXG)

南アジア
デリー(DEL) ・ ムンバイ(BOM) ・ ベンガロール(BRL) ・ コルカタ(CCU) ・ ハイデラバード(HYD) ・ チェンナイ(MAA) ・ カトマンズ(KTM) ・ コロンボ(CMB) ・ ダッカ(DAC) ・ MLE(マーレ)

区間毎に販売価格が異なり、最小6区間、最大8区間まで利用する事ができます。

スポンサーリンク

今回のケース

今回の行程は

東京-香港-バンコク//シンガポール-香港-ソウル-香港-東京

と計6区間。出発は5月下旬と言う事で最安値が設定された時期になります。その価格は¥72,000円+税サーチャージとなり、総額約10万円でした。
iternity

なお南アジア行の場合は最安値のLクラス(成田発)¥87,000+諸税となります。

ルール

通常東南アジアと中国もしくは韓国と同時に行く場合は割高になるケースが多いのですが、このパスを利用するがお得な料金で周遊する事ができます。すでに2016年3月末までの価格が決まっていますので、先の予約もしやすいかと思います。

あと特徴としては日本発の格安航空券では珍しく、有料(¥8,000)ですが予約便の変更もできる所。(ルート変更は不可)加えてプレミアム・エコノミーも1区間につき¥7,000で予約可能です。

問題はルールがかなり細かいところ。

  1. 訪問可能都市は旅程内1回のみとなり、2回以上の訪問は不可
  2. 香港とアジア内各都市、台湾各都市(台北、高雄、台中)とアジア内各都市、香港と台湾各都市(台北、高雄、台中)のオープンジョーは不可
  3. 乗り継ぎ時間が24時間以内の場合、ストップオーバー扱いとはならない
  4. 最後の香港での途中降機は可能
  5. 台北では往路もしくは復路のいずれかで1回のみ無料で可能
  6. ソウル-台北間は利用できません
  7. 航空券発券後の変更は日本出発便、最初の目的地(今回はバンコク)までは変更不可
  8. 道中の変更は1回につき¥8,000で可能。日本での出発前での変更は手数料¥11,000が必要
  9. 出発前発券後のキャンセルは¥25,000。ノーショーの場合はプラス¥3,000

簡単にまとめると、各都市1回の訪問、香港に立ち寄るときは最後に、といったところが基本線となるでしょうか。まだ細かいルールが記載されていますので、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

なお最安のLクラスで発券の場合でもアジアマイルは100%加算となります。

そうそう、このオールアジアパスはインターネットで購入できませんので、キャセイホリデーへ直接TELして予約が必要になります。連絡先は03-6746-1200です。

まとめ

今回のように東南アジアと韓国、インドを組み合わせたりするのには本当に便利なこのアジアパス。案外インド行は航空券が高かったりするので、非常に重宝しますね。うまくプレミアム・エコノミーと組み合わせると、かなり有効的な航空券になると思います。(ただ最近はアジア域でのプレエコ路線が減ってきていますけど…)

アジア担当の方には心強い航空券になるんじゃないでしょうか。

Posted from するぷろ for iOS.

するぷろ for iOS(ブログエディタ)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥500

おすすめ記事

-おすすめ, キャセイ

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.