飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

出張

出張は好きか嫌いか?

投稿日:2016/10/04 更新日:

出張は好きですか?

先日とあるブログを見てたらこんなタイトルでの記事を発見。

うーん、普段から高頻度で出張しているワタクシとしても改めて一度考えて見たいテーマです。

スポンサーリンク

好きなところ

自分は日本で製造した自社製品を輸出販売する営業職です。その営業の仕事で1番の醍醐味はやはり「新規のお客と商売を始める」事。

これを達成する為の出張であり、つまり見込み客へのアプローチを行うことになるので、出張は好きですね。

担当している欧州、インド、中国には同製品を製造販売しているローカルメーカーもあり、その中でわざわざ日本製品を購入してくれる。

もちろん品質も、価格も大事な条件なんですが、この製品は人間関係が肝になるので、それも認めてもらっての新たに商売を構築できる事はかなり嬉しいものです。

あとは行った事のない街に行かせてもらえることもあるのはウレシイ。やはり何歳になっても初体験は良いものです。

嫌いなところ

大きくは3つ。

移動がシンドイ、溜まっていく仕事、家族との時間が無くなるところ。

移動がシンドイ

移動については社内規定で飛行機はエコノミーのみ、と明確に定められています。自分としても年間予算のある中、一回ビジネスで飛ぶ金額を使うなら、その分エコノミーで訪問回数を増やしたいので、規定には文句ありません。

ただし年取るにつれ、体重も増加しエコノミーの席ではシンドイのは事実。そういったところからもキャセイ航空はインボラアップグレードが多かったのは助かりました。

溜まる仕事

後は社内的に改善したいのは、不在時のフォローがほぼ無しなので、戻ったらその分ペーパーワークが山積みになっている点。

細かい事は書けないのですが、まぁ紙仕事も多いのですよ。特に子会社の財務処理。似たような資料が何種類もあって、それを毎月四地域分必要と、今書いてても憂鬱になって来ました。

家族との時間

最後1番嫌なのが家族との過ごす時間が減るところ。特に日曜出発、土曜帰りのスケジュールが基本なので週末に家族と過ごす時間が減るのは辛い。

もちろん毎度不在時にカミさんを不安にさせるのも申し訳なく。

子供と過ごせる時間は長くても小学6年生まで。そう思うとあっと言う間。有限な時間を有効に使いたいですね。

滞在時

こちらの記事にもあるように、自分も安いホテルが嫌なのは同意です。

当方は男なので最低限清潔なアメニティがあれば大きな文句はないのですが、とは言え部屋が狭く、窓がなかったりするようなホテルは勘弁願いたい。(特に中国)

具体的に言うと「錦江之星」クラスはご勘弁ください、と言うと同意して頂けるかなと。全体予算があるので上手くIBIS、HIEXとNovotel、HIを使い分けているのが現状ですね。

どうしても夜着いて、翌朝には移動といったパターンも多いので、これ以上のクラスを利用するともったいないことが多すぎますね。

食事は...日本以上にクオリティの高いレストランの多い都市はないと思うので、一度その名物を頂ければ十分。どうしても同行者がいる時はお客さんにも気を使ってもらえますので。自分一人だったら、ファーストフードでも中華でもなんでもOK。その分日本に帰ってからお家のごはんを食べたい。

移動時

これはとある上司が言っていたのですが「この仕事をしている限りはラウンジに入れる権利がないと仕事にならないんだ」と。

つまり移動頻度が高く、国境をまたぐ場合、必然的に空港で過ごす時間が長くなる。加えて飛行機は頻繁に遅れるものであり、そういった状況下でも手荷物の心配をさほどすることなく、確実にネットにつながる環境にいなくてはいけないという事だそうで。

実際頻度が上がれば上がるほど、ラウンジの食事やお酒への興味も薄れてきて(それほど頻繁に変更になるものでもないし)、ただ出発まで仕事を片付けたり、少しでもリラックスしたいのが本音。

現状エコノミークラスでしか飛行機移動は許されていないので、長く時間を過ごさざるを得ない空港ターミナルで少しでも快適に過ごすために、上級会員の特典(特に優先チェックインカウンターとラウンジ)は必須です。

まとめ

自分としては「新規の商売を作るのが好き」なので≒「出張が好き」になるのかなと。

そうは言っても自分も生活があるので、家族との時間の折り合いを付けながら出張生活を続けていきたいと思います。ワークライフバランスは本当大事よね。


おすすめ記事

-出張

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.