飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

欧州

欧州LCC Easy Jetとミラノマルペンサ空港 ターミナル2でのお作法

投稿日:

ただいま絶賛欧州どさ回り中のtsuyoponです。

これからイタリア、ミラノマルペンサ空港から欧州LCCの雄、Easy Jetを利用してアムステルダムまで向かうところです。

今日はマルペンサ空港、Terminal 2で快適にセキュリティーを抜ける方法をご紹介したいと思います。

Easy Jetとは

まずはEasy Jetについてのおさらい。
ここ数年、日本でもLCCがだいぶ認知されてきておりますが、欧州でもLCCはすでにレジャー、ビジネスの足として日常的に活用されています。

本社はイギリスで95年から運行開始と、欧州LCCとしては古参かつ最大手の1社です。就航国は欧州を中心に35か国。西はモロッコ、東はイスラエルまで飛んでいます。

LCCですので、預け入れ荷物、座席指定、食事&飲み物は有料となります。ですので預け入れ荷物がある場合はいわゆるナショナルフラッグキャリアの料金と大差がない場合がほとんどかと。

ですので、移動スケジュールに合わせて選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?個人的な経験ですが、さほど遅れる事もなく、仕事で利用している欧州ビジネスマンも案外多く見かけますよ。

ミラノ マルペンサ空港 ターミナル2

ご存じのとおりLCCが就航する空港は主要ターミナルではなく、ちょっと不便な空港を利用したり、空港によってはLCC専用のターミナルに分かれている事がほとんどです。

今回利用したミラノ、マルペンサ空港の場合、Easy Jetが利用するターミナルは2となり、Easy Jet専用ターミナルとなっています。

今回予約した便はミラノ発、朝7:05発、ターミナル2に到着したのが5:40頃。

チェックインは必ずモバイル端末で済ませておく必要があります。とにかく時間に遅れれば容赦なく置いていきますので、まずは乗る意思がある事を明確に示します。

iPhoneで専用アプリからチェックインすると、Passbookが発行されるので便利です。

到着後、預け入れ荷物のBag Dropが必要なのですが、はい、予想通り長蛇の列ー。

これをかわすには航空券を購入する際に、座席指定を行い、Easy Jet Plusを申し込んでおく必要があります。

このPlus、前方席を指定する際に€15必要になるのですが、列に並ぶことなしにBag Dropが行えるほか、優先登場の権利も得られます。

特に座席ピッチは狭いので、2時間を超える路線の場合は一番前の席を指定するのをオススメします。

鞄を預けて向かう先はセキュリティーチェックですが、早朝便という事もあり、こちらも長蛇の列。ざっと見た感じ一時間はかかりそうな雰囲気。

ここでは€5でFast Truckを買っちゃいましょう。長蛇の列左手にFast Truck券の自動販売機があります。

クレジットカードで購入できるので便利です。購入後ゲートにバーコードをかざして、中に入ればあっという間にセキュリティチェックまで進めます。

まとめ

ミラノはマルペンサもリナーテもいつもセキュリティで大混雑しているので、利用できるものは利用して、混雑を回避しないと本当に飛行機に乗り遅れます。

過去Lufthansaを使った時も、航空会社はサポートしてくれないので、自力で列に割り込ませてもらった事もありました。

イライラすることも多いイタリアの空港ですが、少しでも快適に過ごせるよう役に立てればとおもいます。


おすすめ記事

-欧州

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.