飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

おすすめ キャセイ 欧州

ヨーロッパ、アフリカ行きスペシャル航空券を予約してみた

投稿日:2015/05/19 更新日:

先日キャセイ航空の子会社、キャセイホリデーが販売しているオールアジアパスを利用してアジア出張を組んでみたのですが、今回はヨーロッパで利用できるスペシャル航空券を利用してみることにしました。

スポンサーリンク

ヨーロッパ、アフリカ行きスペシャル航空券とは?

キャセイホリデーが販売するヨーロッパを周遊する事ができるお得な?でも使い方がむつかしい航空券です。

大きな特徴は欧州内2区間分の航空券代が含まれているところ。合わせて香港での途中降機も往復いずれか1回可能です。

例えば

日本-香港-ロンドン-ベルリン-パリ-香港-日本の旅程が可能。

最大香港、ロンドン、ベルリン、パリ4都市滞在でき(欧州1都市は24時間以内の滞在)、運賃は最安値の時期で¥74,000+燃油税となります。

ちなみに同時期にキャセイ航空では香港経由欧州までの単純往復で¥59,000+燃油税の設定。つまり¥15,000の追加で2区間分の欧州内運賃が含まれる航空券になります。

利用できる都市

確かにお得な航空券なのですが、仕組みを理解しないと利用しにくいです。まずは就航都市が4つのグループに分かれています。
europe

  • グループA

ロンドン(LON) ・ エジンバラ(EDI) ・ グラスゴー(GLA) ・ マンチェスター(MAN) ・ ブリュッセル(BRU) ・ パリ(PAR) ・ アムステルダム(AMS) ・ ジュネーブ(GVA) ・ チューリッヒ(ZRH) ・ デュッセルドルフ(DUS) ・ フランクフルト(FRA) ・ ハンブルグ(HAM) ・ ローマ(ROM) ・ プラハ(PRG) ・ ミラノ(MIL) ・ コペンハーゲン(CPH) ・ ベルリン(BER) ・ ミュンヘン(MUC) ・ ニューキャッスル(NCL) ・ リヨン(LYS) ・ シュトゥットガルト(STR) ・ ルクセンブルグ(LUX) ・ トゥールーズ(TLS) ・ バーゼル(BSL) ・ サンクトペテルブルグ(LED)

  • グループB

ウィーン(VIE) ・ ニース(NCE) ・ オスロー(OSL) ・ ブタペスト(BUD) ・ ワルシャワ(WAW) ・ リスボン(LIS) ・ ナポリ(NAP) ・ ヘルシンキ(HEL) ・ ストックホルム(STO) ・ マルタ(MLA) ・ モスクワ(MOW) ・ マラガ(AGP) ・ ジブラルタル(GIB) ・ パルマ デ マリョルカ(PLM)

  • グループC

ベニス(VCE) ・ マドリード(MAD) ・ バルセロナ(BCN) ・ ソフィア(SOF) ・ ブカレスト(BUH) ・ アテネ(ATH) ・ イスタンブール(IST) ・ カイロ(CAI) ・ ルクソール(LXR) ・ カサブランカ(CAS)

  • グループD

ナイロビ(NBO)

このグループによって運賃設定が異なってきます。基本はグループAが最安値、グループBとCは同値になりますが、グループC都市に香港-ドーハ経由で向かう場合は¥5,000upとなっています。

これに加えて、マンチェスターとパリを起点とし、キャセイ航空の共同運航会社フライビーを利用する場合は下記の都市も利用可能です。

マンチェスター(MAN) - ベルファスト(BHD) ・ マン島(IOM) ・ エジンバラ(EDI) ・ エクセター(EXT) ・ サウスハンプトン(SOU) ・ インヴァネス(INV) ・パリ(CDG) ・ アバディーン(ABZ)
パリ(CDG) - エクセター(EXT)

利用できる航空会社

日本-香港-欧州はキャセイ航空となります。欧州内乗り継ぎの場合は英国航空、 フィンランド航空、 イベリア航空、 エアーベルリン、 ニキ航空が利用可能。ドーハ乗り継ぎだとカタール航空での利用となります。

よほどドーハに向かう理由がない限りは欧州内乗り継ぎにしたほうが運賃的にも、就航航空会社数としても有利かと。

注意点

まずこの航空券は予約の変更ができません。(3か月有効の高価な運賃であれば復路のみ現地で可)もしオールアジアパスと同様に有料でも予約変更ができれば非常に使い勝手のよい航空券になるのですが、この点はちょっと残念。

あと空席状況によってはこの航空券を購入する事ができません。

最近の航空券は混雑状況によって販売クラスを変えており、特に欧州内で希望する運賃帯での航空券が購入できない可能性が高いためです。

ちなみにキャセイ航空の会員プログラム、マルコポーロクラブでゴールド以上の資格を持っていれば出発3日前までエコノミーで100%アジアマイルが加算される最安値クラス、Vクラスの購入が保障されています。ただ欧州内でのキャセイ航空ではない他社便利用場合は座席保障が効かないのでVクラスでの購入ができない可能性が大きいのです。

まとめ

今回は1区間だけエアーベルリンを利用して片道分を利用してみました。

たまたまエアーベルリンの区間で空きがあったので、全行程Vクラスで発券できました。ただLCCがふんだんに就航している欧州であれば、片道利用でもLCC利用で安く移動できるケースも多々あるかと思います。

円安の昨今、¥15,000で欧州2区間利用できるのは魅力的な航空券。万人には向かない航空券ですが、うまく活用できればお得に周遊することができますよ。


おすすめ記事

-おすすめ, キャセイ, 欧州

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.