飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

国内旅行 日常 鉄道

北陸新幹線の乗り方

投稿日:2015/05/21 更新日:

普段は飛行機で移動することが多く、あまり国内移動でも飛行機優先で新幹線を利用しないワタクシ。先日鉄道マニアの息子(6歳)がどうしても北陸新幹線に乗ってみたい!と強い希望を訴えてきたので東京→大宮で体験をしてきました。

普段新幹線に乗りなれていないものだから、若干東京駅で右往左往してしまい。乗りなれている方には当たり前な事だとは思いますが、その反省をこめて注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

北陸新幹線

言わずもがなですが今年3月に新規開業した東京-金沢間を走る新幹線です。新型のE7・W7型の車両で運行。乗り物好きな子供にはたまらない新型車両ですね。

image

東海道新幹線に比べて尖鋭的な印象でスッキリ、早そうな外観。

種別は2種類。

  • はやぶさかがやき

東海道で言うとのぞみの位置づけでしょうか。停車駅が東京、大宮、長野、富山、金沢のみ。(一部上野停車あり)

  • はくたか

こちらはこだまですね。とは言えあさまとかぶる区間は停車しないので、基本停車駅は東京、上野、大宮、長野、上越妙高、糸魚川、宇奈月温泉、富山、新高岡、金沢になります。

長野までの区間はあさまがこだま扱いでほぼ各駅停車で運行されています。

幼稚園児のきっぷ

まず幼稚園児(小学校入学前)の子供は「幼児」となり、きっぷは無料です。新幹線でも無料です。おとな1名に対し幼児2名まで無料となります。これを超えると「こども」料金が必要となり、大人の半額の料金が必要です。(乗車券、特急券、急行研、指定席券が半額)

なお幼児はおとなの膝の上に乗せなければならない、との決まりはないので自由席を利用しても問題ありません。

ただ幼児は無料ですが「1人で指定席、グリーン席、寝台等を利用する場合」「幼児が単独で旅行する場合は」こども料金が必要です。

ただしグリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券は「おとな」料金が必要とのこと。

まとめると、

  • 新幹線の自由席は大人1名に対し、幼児2名まで無料。席を利用しても問題なし。
  • 新幹線の指定席は幼児であっても子供料金が必要。

となります。
image

あとは無料とはいえ満員の自由席で立っている人がいるのに幼児が占領しているのも少々配慮に欠ける行為かなとも。混雑時はできるだけ席を空けるよう配慮したほうがよいですね。

乗車券とパスモ

今回は新宿駅から中央線で東京駅に向かい、乗り換えました。東京駅の構内で新幹線切符の自動販売機で特急券を購入。その際パスモで入場しているので乗車券は購入しなかったんですねー。

これが間違い。

新幹線に乗車する時は特急券と乗車券が各々必要となります。近距離の大宮まででも別途乗車券が必要です。

かがやき

これはホームに上るまで知らなかったのですが、かがやきは全車指定席となっています。かつてののぞみみたいですね。

指定席を購入できなかった場合ははくたか一択になります。

なおはくたかの自由席は東京発だと後方1号車から3号車までとなります。

まとめ

さすがに新車だけあって車内は揺れも少なく、騒音もなく、短い距離でしたが非常に快適でしたよ。

でも本数の問題もあってまだまだ混雑が続いているようです。できるだけ指定席を購入するほうがストレスなく利用できそうです。


おすすめ記事

-国内旅行, 日常, 鉄道

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.