飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

欧州 空港

オランダ スキポール空港の注意点

投稿日:2016/08/14 更新日:

オランダ スキポール空港。KLMのホームでもあり、欧州屈指のハブ空港。

滑走路が6本あり、色とりどりの航空機が北へ、西へと飛んでいくのはまさに圧巻。

比較的コンパクトで使いやすいとの評価の高いスキポール空港ですが、今回ちょっと困った事があったので記事にしてみました。

結論から言うと着陸してから荷物を受け取るまで1時間強かかった事。

スポンサーリンク

決してコンパクトでない、広大な空港

実はこのスキポール空港、言われてるほどコンパクトではありません。

上記にもあるよう滑走路が6本あるという事は、それだけ広大な敷地を保有しているという事。着陸した滑走路によってはスポットまで延々とタキシングしていきます。

加えてターミナルは1つしかないのですが、V形からスポットが様々な方向に伸びており、飛行機を降りてからバゲージクレームまで歩く、歩く。アジアの空港でよくあるシャトルみたいな乗り物がないので、ひたすら歩きます。

荷物が出てくるのがとにかく遅い

びっくりするくらい遅いです。

まずターンテーブルに出てくるまで15-20分ほど。たまに次の便の荷物が先に出てきたりと、なかなかのカオスっぷり。

先日はターンテーブルの前で40分待ちました。

入国審査で時間かかる、時も

これはキャセイ便でAMSに到着した時ですが、飛行機を降りてブリッジ内で簡単なパスポートチェックを行っている事も。

合わせてNON-EUパスポート列は大抵混雑してます。
税関も基本ノーチェックですが、日本人を狙って?チェックが厳しいとの噂も。

まとめ

仕事でスキポールに着いて、そのあとのアポを入れる時は着陸後1時間はかかる事を見越してスケジュール立てする事をオススメします。

とにかく荷物が出てくるのが遅い、これを念頭に置いて諦めずベルト前で待ち続ける気持ちが必要な空港ですね。


おすすめ記事

-欧州, 空港

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.