飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

日常

IKEAのソファー、KIVIK(2人掛け)を組み立てる

投稿日:2014/01/19 更新日:

今日は先日IKEAで購入したソファー、KIVIKが届きましたのでカミサンと息子(4歳)と組み立ててみました。

IKEA KIVIKとは

IKEAで販売されている定番ソファーのひとつです。KIVIKのほかにはKARLSTADEKTORPの2種類が主力商品です。

スポンサーリンク

ちなみにIKEAの布生地ソファーは本体とカバーが別売りになっているため、柄、素材で値段が異なりますのでちょっと注意。

今回僕達がKIVIKを選んだのは

  • 頭までホールドできる座面
  • 肘掛けが低く、寝転びやすい

この2点が購入の決め手になりました。

ちなみにIKEAではネットでの販売は行っておらず、店舗での直販が基本となっています。遠方の方でも一部業者が代行で購入してくれるサービスがあるようです。定価よりお高めなので、送料込みで総額いくらになるのか?がポイントになるかと思います。本体価格安くても送料が高いケースが多々あるようなので要注意。

ご参考までにどうぞ

Amazonはこちら。

配送

購入したのは土曜日。配送は最短で3日後から受け付けてくれますが、週末の休みでないと組み立てができないので、翌週末の土曜日にお願いしました。

週末の配送指定時間は

  1. 9時ー14時
  2. 13時ー18時

の二つから選べますが、今使用しているソファーを下取り(=無償引き取り)をお願いするときは午後便のみの受け付けになりますので要注意。

今回は9年使用したソファーを下取りしてもらいたかったので、午後便を選択しました。

なお配送は佐川急便グループのSGムービングが請け負っています。ネットの掲示板ではあまり評判がよくないようですが、今回は全く問題なく配送してくれました。

午後1時頃、町田営業所に電話で「おおよそでよいので何時くらいに配送になるか教えてほしい」と連絡。その場では「確認して折り返します」との返答。
しばらく経った午後3時頃に、直接配送スタッフから「到着は午後4時前後になります」と電話連絡をもらい、実際の到着時間も4時ぴったり。

梱包開封

KIVIK本体の梱包は二つ。

  • 大きい梱包には座面とクッション4個。
  • 小さい梱包に肘掛け部分

に分かれていました。

中を開けるとこんな感じ。

部品は

  • 座面と背面を繋ぐボルト 4本
  • 肘掛けを繋ぐボルト 8本
  • ナットとワッシャー 12セット

と予想以上にシンプルな作り。
そういえば組み立て説明書が同封されていなくて、ちょっとビックリ。

結局IKEAのサイトからダウンロードして事なきを得ました。

組み立て開始

まずは座面と背面を繋ぎます。

そしてカバーをセット。基本マジックテープで固定していきます。先ずは角を引っかけてから引っ張りながらマジックテープを留めていきます

次に肘掛けにカバーとボルトをセット

その後肘掛けを繋ぎます。

あとはクッションにカバーをかけて完成。カバーは小さめなので、クッションをぐいぐい押していく感じで詰めていきます。

最終的な作業時間は大人二人で約40分と、想像以上に簡単に組み立てできました。

まとめ

今回選んだKIVIK、送料込みで約6万円。古いソファーも引き取ってもらってスッキリしました。

KIVIKの座り心地は固めで、しっかり体をホールドしてくれる感じ。

肘掛け込みでの幅長さが190cmとたっぷりあるので横になっても足を曲げることなく、のーんびり過ごせます。

ひとつだけ懸念しているのは酔っぱらって帰ったら、間違いなくこのソファーで寝てしまいそうです。





おすすめ記事

-日常

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.