飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

モバイル 豪州

プリペイドSIM 購入 オーストラリア編(13年8月現在)

投稿日:2013/08/27 更新日:

こんにちは、只今豪州で飛行機出発待ちで、この記事を書いています。

今回1年ぶりに豪州、シドニーに来たので、プリペイドSIMを購入するところからのスタートです。

豪州でのプリペイドSIM販売

豪州では大手携帯会社が3社あります。

  • Telsta
  • Optus
  • Vodafone

3社ともプリペイドSIMを販売しており、旅行者でも簡単に購入することができます。

特に大都市の国際線到着ゲートにはOptusかVodafoneのカウンターがあり、その場でSIMを購入し、アクティベート(回線開通)まで行ってくれます。

スポンサーリンク

シドニー国際線ターミナル

今回はシドニー国際線ターミナルへ到着。

通関を出ると向かって右手にOptusとVodafoneのカウンターがあります。
特にこだわりなく、手の空いた定員さんのいたVodafoneで今回はSIMを購入してみました。

vodafone Australia プラン

IMG_4282
vodafone Australiaがプリペイド用に提供しているプランは

  • 365 Day Recharge
  • TXT & Talk
  • Vodafone International

の3種類。でも短期滞在者の場合、あまり悩む必要はありません。
Vodafone Australiaのサイト

購入方法

カウンターでのやり取りはこんな感じ。

ツ:Can I have any Prepaid SIM for iPhone 4S please?
V:How many days do you stay in Australia?
ツ:just 2 days
V:Alright mate, do you call to Japan? Need Data?
ツ:Yeah, I may call to Japan but need data mainly.
V:Alright, here is the best, CAP Recharge SIM at A$10. It includes A$100 of Flexible Credit.
ツ:I think unlimited date is better for me.
V:Sorry mate, we don't have any unlimited data plan. You can apply 350MB service by A$16 from the Credit.
ツ:OK. I take it. Please set up on my phone.
V:Alright. Please show me your passport for the activation.

日本語:
ツ:iPhone 4Sで使えるプリペイドSIMおくれー。
V:何日オーストラリアにおるの?
ツ:2日だけ
V:じゃぁ、日本に電話する?データ通信は?
ツ:日本に電話はするかなー、てかパケットメインですわ。
V:じゃぁこれね。A$10 CAP Recharge。これはFlexible CreditがA$100分ついてるSIM。
ツ:パケ・ホーダイがいいんだけど・・・
V:うちにはパケ・ホーダイないんだわー。A$100のFlexible CreditからA$16で350MB使用できるプランがあるから、そっち使って。
ツ:了解。じゃ、この本体に設定お願いー。
V:あいよ。回線開通させるからパスポート見せてー。

と、こんな感じでしょうか。設定まで約10分。
あっという間に自分のiPhone 4Sで3G通信開始です。

あと、店員さんには必ず自分が使用したい端末名を伝えてください。会社によってはその電波が端末に対応していない周波数の可能性もありますので。

設定方法

まずデータ通信を行うのに必要なAPNはlive.vodafone.comとなります。

設定→一般→ネットワーク→モバイルデータ通信ネットワーク

IMG_7297

これを入力したのち、Wifi接続を切り、3Gでの接続とします。

ブラウザでAPNと同じlive.vodafone.comへ接続。画面下部にあるAdd-onsをクリック
IMG_7293

その後Favorites Packをクリックし、次ページのSign me upをクリックすれば、350MBがA$17で利用できるプランの設定完了です。
IMG_7294
なお有効期限は30日となります。

IMG_7295
これはテザリングもできるので、ホテルでの高いWifiを利用する必要なく、PCでインターネットへ接続できます。

*写真はテザリングしながらキャプチャしたもの。

リチャージ

残高が少なくなってくるとSMSが飛んできて、リチャージを促してきます。

クレジットカードでオンラインでもできる、とあるのですが、僕のカード(VISA、Master共)ではエラーとなり、受け付けてくれませんでした。
検証できていませんが、豪州発行のカードでないと受け付けないのかも。

街中のコンビニ、スーパー、キオスク、ショップ、ガソリンスタンドでリチャージバウチャーの購入が、クレジットカードで出来ます。

その際はCan I have a recharge voucher for vodafone please?で。

まとめ

やはり海外では高額なローミング料金は抑えたいところ。テザリングできればホテルでの通信も必要なしです。
かつては10万円を超えるローミング料金でパケ死して、会社でメチャメチャ怒られた僕にとっては、プリペイドは必須なのです。また各国のプリペイド状況を報告いたいと思います。

オーストラリアは国際線到着後、すぐにSIMを購入することができるので、皆さんも一度試してみては如何でしょうか?

エクスパンシス

スポンサーリンク


おすすめ記事

-モバイル, 豪州

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.