飛行機移動のコツ、ホテル、川崎フロンターレ関連ブログ

Business Traveller ver.V

SIM グッズ モバイル 空港

プリペイドSIM購入 タイ編 (13年8月現在)

投稿日:2013/08/31 更新日:

現地SIMカード購入、タイ編です。

タイでの携帯事業会社

現在タイで3Gサービスを展開している事業者でバンコク国際空港にカウンターを出しているのは、下記3社となります。

  • AIS
  • DTAC
  • Tune MoveH

3社とも到着ロビーにカウンターがあり、AISとDTACは並んで位置しています。やはり到着後即SIMを手軽に購入できるのは素晴らしいサービス。

スポンサーリンク

DTAC Happy Tourist SIM

当初は空港ターミナルでも壁面広告の多い、299バーツ(約900円強) のDTACのHappy Tourist SIMを購入しようと思いカウンターへ。

するとタイ人らしくダルそうに「シムカー、ソーアウー」と強烈な一撃。(約:SIM Card, Sold Out~)

今回は購入できなかったこのHappy Tourist SIMの最大の特徴は、299バーツで購入後、1週間3G通信が使い放題なところ。
あと100バーツ分のチャージがあって通話やSMSにも使用できますし、3Gパケホーダイ状態ならVoiPでも十分かと。

参照サイト

*事前にAmazonでも似たようなSIMは購入できるようです。団体旅行等で自由に動けない時は事前に用意してもいいかも。
ただ値段は現地で購入するよりお高いので、時間優先の場合に限りますね。こちらで紹介したTourist SIMではないので、パケホーダイではないのでご注意を。

ソーアウー、ではどうしようもないので、お隣のAISのカウンターへ向かいます。

AIS 1-2-call Traveller SIM

今年5月から本格的に2100MHzでの3G通信サービスを開始したばかりだそうです。今までは900MHzでのサービスだったので、使用できる端末に限りがあって、一部AndroidやiPhone3GS以前では使用できませんでした。

IMG_4317

露骨にHappy Tourist SIM対抗で、こちらはTraveller SIMと言うパッケージ名で同額の299バーツで販売中。

Happy Tourist SIMと異なるのは1週間3G通信使い放題ですが、1週間内に1GBを超えると64Kbpsへ速度制限がかかってしまう点です。

まぁ動画をバンバン見なければ1GB超えることもないので、こちらでお買い上げ。なおAPNはinternetとなります。

IMG_4316

SIM挿入後、もう即使用できて、気になる速度は体感的には、日本で使用しているDocomoの3G通信とほぼ変わらないかなと。(バンコク郊外のホテルで計測)

IMG_4327

あとエリアですが、バンコク近郊であれば建物内でもEDGEになることなく、ずーっと3Gを掴んでいます。

参照サイト

まとめ

TrueについてはAISで事が足りてしまったので、今回は検証できていません。

つい最近までスワンナプーン空港周辺くらいしか、まともに3G通信ができなかったことを思うと雲泥の差があります。

タイは言葉の問題もあるので、スマートフォン一台あればずいぶん楽に行動できるかと思います。短期間での滞在の場合、このような旅行者用のSIMを活用することで、格安で日本と変わらないモバイル環境が手に入りますのでオススメです。

おまけ

*事前に日本でも専門業者からAmazonを通じて似たようなSIMは購入できるようです。団体旅行等で到着後、自由に動けない時は事前に用意してもいいかも。
ただ値段は現地で購入するよりお高いので、時間優先の場合に限りますね。一応市内のコンビニでも上記旅行者用SIMは販売しています

エクスパンシス

スポンサーリンク


おすすめ記事

-SIM, グッズ, モバイル, 空港

Translate »

Copyright© Business Traveller ver.V , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.